豊かであたたかい発想で制度を充実させたい。障害者の暮らしの場を考える会 いけはしようこ

去年秋から、
障害者の暮らしの場を考える会
をつくろうと準備しています。
その活動で中心になっているIさんの案内で
選挙のあいさつに回りました。

障害のある子どもさんをもつお母さん。
子どもさんが入院されて付き添い。
2日もお風呂に入ってなくて
ちょうど一時帰宅されたタイミングでした。
「慣れてないとこの子のことはわからないから」と
一人で付き添うお母さんに、
家族にすべて負わせる
この国の貧しさを感じました。
家族の切実な声で
来年4月からは入院中の付き添いに
ヘルパーを派遣できるようになるそうです。
必要な人が必要なサービスを利用できるように
豊かであたたかい発想で制度を充実させたいです。

(池橋陽子 記)

コメントを残す