8月15日は特別な日です。戦争で亡くなった祖父に思いをはせ、自分の父親の顔を知らずに育って苦労を重ね、若くして亡くなった父に思いをはせる日だからです。  後援会

8月15日は特別な日です。戦争で亡くなった祖父に思いをはせ、自分の父親の顔を知らずに育って苦労を重ね、若くして亡くなった父に思いをはせる日だからです。

祖父も自分の子どもの顔さえ見ることなく、中国大陸のどこかで亡くなったということしか、分かりません。父も写真でしか自らの父親のことを知りません。

こんな父親や子どもを、もう二度とつくっていいはずがありません。生前、父はいつも「戦争はいけん」といつも話していました。曽祖母は私が子どもの時には「うちの政市は天皇陛下のために死んだ。偉いんだ」と言っていましたが、晩年は「政市、なんで先に死んだんか~、帰ってきてくれ」と泣いていました。こんな母親をつくっていいはずもありません。

特別な日だからこそ、戦争のあやまりを反省しない政治は許すことができません。そのうえ、戦争にすすもうとするのなら、もっと許すことができません。

そして、許さないという思いで終わらず、私は、それを変えるために行動します。

(後援会)

コメントを残す