“この世界の片隅に”最後の実行委員会でした。来年も平和映画会できるといいな。  いけはしようこ

昨日は“この世界の片隅に”最後の実行委員会でした。
みなさんのご協力で、大人112名、中学生11名、小学生約50名が参加してくれたようです。無事に黒字になりました!実行委員のみなさん、参加してくれたみなさんに感謝です。子どもも集中して観てくれたし、大人からも「いい映画だった」と感想をもらいました。
「メッセージ性がない」という意見もあるがそんなことはない、玉音放送を聞いて「何がよかったのか!」とのすずさんの叫びに表れている。15日で戦争が終わっても16日も17日も食べていくのに精一杯な毎日が続いている、そのことがメッセージだ。最後に原爆孤児を育てるところに希望を感じた。などなど、改めてこの映画のよさを実行委員で振り返りました。
うのクラブの子どもたちの感想は「こわかった」。ほのぼのした絵、直接の被爆シーンはないけど、子どもは“怖い”と感じたんだなぁということも新鮮でした。
来年も平和映画会できるといいな。

コメントを残す