「払える国保料にして欲しい」「子どもも親も安心して通える保育園にしてほしい」という声を実現していくのはこれからです。引き続き公約実現に頑張ります。と、雨の中、林市議と一緒に宣伝しました。 #いけはしようこ#待機児童解消

いけはしようこさんの選挙は、まさに「私の選挙」だとママたちが駆け付ける状況になっています #いけはしようこ #崎本としこ

http://sakimoto.info/?p=8739

崎本としこ元岡山市議のブログより

いけはしようこさんの選挙は、まさに「私の選挙」だとママたちが駆け付ける状況になっています。

「保育園に入れない」問題は本当に切実な問題だ・・・と実感するのです。

親たちから、職場から、子どもたちから、保育士から「きちんと保育園に入れる岡山市を!」の声が沸き上がっているのです。

これはもはやいけはしようこだけの選挙ではない・・・。「自分の願いを実現する選挙だ!」と。

子育て中のママたちが、今日も事務所に駆けつけてくれました。「何かできることはないですか・・・」と。

こういう選挙は強い!!

私は、どうしてもいけはしようこさんを当選させたい!!

選挙戦は終盤に入ります。27日の18時からは、医療生協会館をお借りして、個人演説会です。どうぞ皆様ご参加ください。26日は高島公民館で51人の参加で、演説会が盛況のうちに終わりました。みんなハートマークの付いた袋に入った池橋陽子の名刺を5人分持って帰ってくださいました。

「一人が5人の支持者を増やしてください!」

私は国保料引き上げを許さないために池橋事務所に通っています。「払える国保料にすることは命を守ること」だからです。

総選挙になりそうですが、岡山で野党共闘を進めて、アベ政治を終わらせるためにも池橋選挙は大切。

中区のお知り合いをご紹介ください!

10日間、妻がたいへんお世話になります。岡山市議会の日本共産党6人目の議席として、池橋陽子を何としても議会へ押し上げていただきますよう、心からお願い申し上げます。 篠田壮志(夫)

岡山市議会議員補欠選挙が告示され、10日間の選挙戦がスタートしました。本日9時から旭東事務所前で行われた出陣式には、日本共産党大平よしのぶ・衆議院議員が駆け付けて激励しました。池橋陽子は第一声で、「憲法9条を守ろうの声を中区から」「国保料の引き下げを」「認可保育園を増やして待機児なくそう」と政策を訴え、選挙戦をたたかう決意を表明しました。 10日間、妻がたいへんお世話になります。岡山市議会の日本共産党6人目の議席として、池橋陽子を何としても議会へ押し上げていただきますよう、心からお願い申し上げます。     篠田壮志(夫)

22日(初日)のコース表できました。  ぜひ、お近くの地域の出陣式においでください。事務所前での出陣式には大平よしのぶ衆議院議員が参加してくださいます。  いけはしようこ

みずほ住座、342人の無認可保育所可決、子どもの未来を考えているんでしょうか??  いけはしようこ

http://d.okjcp.jp/?p=7207

岡山市議会の建設委員会は、13日午前、前日に続いて会議を開き、持ち越しとなっていた、北長瀬みずほ住座用地の活用として、市有地を貸し出して300人以上規模の認可外保育施設を整備するなどとする議案を、賛成多数で可決しました。

共産党市議団の東つよし議員と、自民党市議団のうち藤原哲之議員が反対しました。

議案が可決されたことで、岡山市内の私立認可保育園の園長などで構成する私立園長会が、計画の白紙撤回を求めた陳情は、みなし不採択とされました。

6日の朝宣伝は旭東消防署前で!  今日から、旭東学区は2箇所で宣伝しています。  いけはしようこ

北朝鮮は挑発をやめよ。対話なしには解決できません。  いけはしようこ

9月3日号の日曜版一面

3日号の赤旗日曜版は

北朝鮮の暴挙=弾道ミサイル発射に対し、「挑発はやめよ」と特集を組んでいます。

ぜひ、お読みください。

http://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/

崎本としこ元岡山市議がブログで政策チラシのことを書いてくださいました。 いけはしようこ

http://sakimoto.info/?p=8668

崎本としこ元岡山市議がブログで政策チラシのことを書いてくださいました

 

以下、崎本としこさんのブログより

池橋陽子さんの政策チラシが届きました。保育園のこと、障がい者のこと、国保料金のこと、社会保障充実と憲法9条を守ること・・・など思いのあふれたチラシです。足を地につけてきちんと考えることができる人が市議会に必要だ・・・と思うこの頃です。

この人を市議会へ出したい!

しっかり読んで、応援しましょう!

まずは投票へ行くことです。投票権は主権者の証です。女性が投票権を持ってまだ70年です。万難を排して、正装をして出かけた70年前、女性投票権のもとで女性の国家御議員が多く誕生しました。

期日前投票を活用すれば、忙しいあなたも投票できますよ。「女性議員増やそう!」「投票に行こう!」と呼びかけたいと思います。