#国保料の引き下げ、認可保育園と保育士を増やして #待機児童解消を、などの公約実現をめざして、今議会でもしっかり論戦します。 #日本共産党岡山市議団

2017年11月定例岡山市議会が始まりました。12/21までの日程で、補正予算や条例改正案、各種計画の策・改定案などを審議します。日本共産党岡山市議団は、恒例の開会日朝宣伝を市役所前で行いました。

 

今議会は、大森雅夫市長が再選されて初の議会です。日本共産党岡山市議団は、先の市長選挙で福祉に冷たい大森市政を、暮らし・福祉・子育て最優先の市政に切り替えようと提案する候補を支援して頑張りました。その選挙でも掲げた、子どもの医療費無料化拡大や国保料の引き下げ、認可保育園と保育士を増やして待機児童解消を、などの公約実現をめざして、今議会でもしっかり論戦します。

また、産廃跡地を不当に高い価格で買った新斎場整備や、後楽館中高跡地を2.8億円も安く売ることを決めた理由を黒塗り資料で出すなど、「市民に丁寧に説明」という言葉とは裏腹に、一部企業優遇や情報隠しの大森市政を厳しく追及していきます。

日本共産党岡山市議団の代表質問は、7日(木)午後1時半ごろからの予定です。 #林じゅん市議が質問に立ちます。

岡山市議会2017年11月定例会では、各会派の代表が60分の持ち時間を使って「代表質問」を行います。日本共産党岡山市議団からは、林じゅん議員が質問に立ちます。

日時は12月7日(木)13:30ごろからです。(時間帯は前後する場合があります)

市民の要望を市政に届け、前進をめざします。

ぜひご覧ください。

 

議場で傍聴できるほか、インターネット生中継、ケーブルテレビONIビジョンでの録画放送(当日夜)でもご覧いただくことができます。

日本共産党岡山市議団は、12月7日(木)の午後に林じゅん議員が代表質問に立ちます。

岡山市議会2017年11月定例議会は、11/30~12/21の日程で開かれます。

今議会は、大森雅夫市長が再選されて最初の議会ということで、今後4年間の市政運営にあたってどういうことを大事にしてどういう方向を目指して進んでいくのか、その中で来年度予算やさまざまな計画をどう組み立てていくのかについて議論されます。

各会派が60分(市民ネットは40分)の持ち時間を使って会派代表質問を行うほか、個人質問も行われます。

 

来年度は、福祉分野をはじめとてもたくさんの計画が新たに作られたり、改定されたりします。

国民健康保険や介護保険は、すでに来年度からの値上げの方向性が示されています。

また、高齢者・障がい者・児童などを「地域共生」でつなぎ地域で支えるという新たな福祉の方向性を具体化していくための「地域共生社会福祉計画」や、障害者・障害児にかかわる計画の策・改定が進められています。

このほかにも、路面電車の駅前乗り入れ、吉備線LRT化問題を含め、各地域の交通問題にどう取り組んでいくのかを示す総合交通計画も策定をめざして作業が進んでいます。

これ以外にも重要課題がたくさん同時並行で進んでいる時期に開かれる定例議会です。これからの市民生活をどのようにしていくのか、その中で福祉の向上という自治体本来の役割をどう確実に果たしていくのか、議会の責任もとても重いものがあります。

 

日本共産党岡山市議団は、12月7日(木)の午後に林じゅん議員が代表質問に立ちます。また、竹永みつえ・河田正一・田中のぞみ・東つよし各議員は、市民の暮らしを守り支えるための各分野の施策の前進を目指して個人質問に立ちます。

ぜひ関心をお寄せください。

 

<2017年11月定例岡山市議会の主な日程(予定)>

11/28(火) 常任委員会(11月議会での議案の大要が判明)

11/30(木) 本会議(初日)(大森市長の議案提案理由説明、2016年度決算審査の報告と採決など)

12/6(水) 代表質問(自民、公明)

12/7(木) 代表質問(創政、共産)

12/8(金) 代表質問(市民ネット)、個人質問

12/11~14(月~木) 個人質問(続き)

12/18(月) 常任委員会(すべての議案と請願・陳情を委員会として採決)

12/21(木) 本会議(最終日)(すべての議案と請願・陳情を全議員で採決)

 

※請願・陳情の締め切り・・12/7(木)17時まで 議会事務局持参

※個人質問の日程確定・・12/5(火)夕方

岡山市の待機児童数についての発表。

岡山市は11月22日、10月1日時点での「待機児童は652人」と発表しました。4月1日時点の849人からは197人減ったとしています。

市内の認可保育園・認定こども園に入園を申し込んでも入れなかった子どもは全体で1312人で、4月1日時点の1495人から183人減りました。

 

まだ今でも1300人以上の子どもが保育園に入れないという、大変な状況です。求職活動をやめた、つまり仕事に就くのを(少なくとも当面は)諦めた方も23人に上っています。

「待機児童ではない」とされた子どものうち137人は、認可保育園より基準の低い施設に入ったことで待機児童から外されました。

「特定の保育所等を希望」しているとされる500人も待機児童から除かれていますが、この中には自宅や職場の場所、家族や子どもの状態などさまざまな理由で、入園希望園を1つか2つだけ書いた(第3希望まで書かなかった)方が多く含まれています。

 

人為的に縮小された「待機児童652人」だけを見ては、子育てに苦労している市民の実態に寄り添ったことにはなりません。

また、岡山市は先の8月議会で、待機児童の多い地域の1つでもある北区北長瀬の市有地に認可外の保育施設を導入する議案を強行しました。

こういう岡山市のやっていることを見ると、「保育の質」を本当に大事にしようとしているのか、とても不安です。

 

来年4月の保育園等への入園申請は、11/21に締め切られました。

選挙最終日。ありがとうを伝えたい人がたくさん過ぎて… #いけはしようこ #岡山市中区補選

選挙最終日。
ありがとうを伝えたい人がたくさん過ぎて…
ひとつだけ、この選挙で一番うれしかったこと。私が立候補したことで、ママたちが自分たちの願いを実現する選挙として受けとめ行動してくれたこと、そして子どもたちが子どもたちなりの力でそのことを受けとめ考えてくれたこと。立候補のあいさつに行ったとき「スゴイ!お母さん、応援してあげて!」と自分のお母さんに言ってくれた子、“保育園のときからの友だちのお母さん”を近所の人に広めてくれた子、子どもたちも賛成して自分のうちに私のポスターを貼ってくれた家族、そして最終日にメッセージをくれた子。それだけで立候補した甲斐があったと思います

いけはしようこ の勝利は市民と野党の共闘をすすめる大きな力になります。安倍政治をやめさせるために全力をあげます。と、最後の最後まで訴えぬきました。事務所前の最後の演説には85人以上が参加し、「ようこ」コールがおきました。 #いけはしようこ #岡山市中区市議補選 #明日が投票日

9日間の候補者カーでの演説を終え、事務所前での最後の演説には大勢の方がつめかけてくださいました。

連日、先導をしてくださった林市議、運転手・アナウンサー・手振り・ビラまきをしてくださった候補者カースタッフのみなさん。

毎日。宣伝に対話にとフル回転で頑張ってくださった支部と後援会のみなさん。

事務所で、昼食・夕食の準備をしてくださったみなさん。

ブログ・フェイスブック・ツイッターなどで写真や思いを発信し、拡散してくださったみなさん。

演説を聞きに足を運んでくださったみなさん。

候補者カーに激励の手を振ってくださったみなさん。

本当にありがとうございました。

まだ投票箱のふたが閉まるまでは、20時間以上あります。声をかけ忘れた人のないよう、投票に行かない人のないように、最後まで気を抜かずに駆け抜けましょう。

今日は選挙最終日、候補者カーとともに、政策宣伝カーもフル運行。真面目に丁寧に国政のこと岡山市政のことを訴え続けます。 #いけはしようこ #岡山市中区市議補選 #10月1日投票

政策宣伝カーで訴える氏平県議

長いも、「ねばり強くたたかおう」という思いを込めた差し入れです。気持ちを受け取り、ねばり強く頑張ります。 #いけはしようこ #岡山市中区補選 #10

選挙戦最終日の30日は、旭東消防署前から出発。「まもろう憲法9条」「いけはしようこの勝利は安倍政治を終わりにする力になります」と訴え続けます。 #いけはしようこ #岡山市中区市議補選 #10月1日投票 #政治を変えよう!

最後まで、林じゅん市議と一緒に全力で訴え続けます。

周りの方に広げて広げてください。

私たちは勝ちにこだわって、最後まで走り続けます。

ブレずに頑張るいけはしようこです!いのち、くらし、平和、当たり前の願いを託せるのは日本共産党のいけはしようこです! #いけはしようこ #岡山市中区市議補選 #10月1日投票

選挙8日目。本日の名場面!
民進党の選挙カーにすれ違ったとき、うちのアナウンサーさんが「今の政治はむちゃくちゃです!もう誰を信じていいかわかりません!」「ブレずに頑張るいけはしようこです!いのち、くらし、平和、当たり前の願いを託せるのは日本共産党のいけはしようこです!」とアナウンス!心の中で「そうだ!そのとおり!」と拍手を送ってました。
彼女は共産党の人ではなく一市民として応援に来てくれました。この市民の思い、怒りを民進党の方にはしっかり受け取ってほしいです。
演説の中身を発展させることができません。でも今一番言いたいことを最後にもってくることにしました。共産党が市民と野党の共闘に一貫して力を尽くしてきたこと、私の選挙の結果が国政にインパクトを与えること、憲法を変えさせない、そのための結果を出したいと、強く強く思っています。