岡山市の待機児童数についての発表。

岡山市は11月22日、10月1日時点での「待機児童は652人」と発表しました。4月1日時点の849人からは197人減ったとしています。

市内の認可保育園・認定こども園に入園を申し込んでも入れなかった子どもは全体で1312人で、4月1日時点の1495人から183人減りました。

 

まだ今でも1300人以上の子どもが保育園に入れないという、大変な状況です。求職活動をやめた、つまり仕事に就くのを(少なくとも当面は)諦めた方も23人に上っています。

「待機児童ではない」とされた子どものうち137人は、認可保育園より基準の低い施設に入ったことで待機児童から外されました。

「特定の保育所等を希望」しているとされる500人も待機児童から除かれていますが、この中には自宅や職場の場所、家族や子どもの状態などさまざまな理由で、入園希望園を1つか2つだけ書いた(第3希望まで書かなかった)方が多く含まれています。

 

人為的に縮小された「待機児童652人」だけを見ては、子育てに苦労している市民の実態に寄り添ったことにはなりません。

また、岡山市は先の8月議会で、待機児童の多い地域の1つでもある北区北長瀬の市有地に認可外の保育施設を導入する議案を強行しました。

こういう岡山市のやっていることを見ると、「保育の質」を本当に大事にしようとしているのか、とても不安です。

 

来年4月の保育園等への入園申請は、11/21に締め切られました。

18日、日本共産党岡山市議団の市政報告会を開きました。

日本共産党岡山市議団の市政報告会を開きました。
田中のぞみ議員が全体の報告を行い、竹永みつえ、東つよし、河田正一各議員と林じゅん市議が分野別に報告をしてから、参加者に意見や質問を出してもらいました。
北長瀬の市の土地に大規模な認可外保育園を作る計画や足守の大規模太陽光発電などについて意見や問題提起がありました。

市議団の竹永みつえ・田中のぞみ両議員は、文部科学省や厚生労働省など国の各機関に対して住民要望を届けて施策の前進を求める省庁交渉に、岡山県内の日本共産党地方議員グループの一員として参加します

13日(月)に、市議団の竹永みつえ・田中のぞみ両議員は、文部科学省や厚生労働省など国の各機関に対して住民要望を届けて施策の前進を求める省庁交渉に、岡山県内の日本共産党地方議員グループの一員として参加します。省庁交渉でどんな成果が得られたかなど、またご報告します

岡山市社会保障推進協議会(市社保協)は13日、岡山市と子ども医療費や介護の課題などについて、市と懇談する会を開きました

岡山市社会保障推進協議会(市社保協)は13日、岡山市と子ども医療費や介護の課題などについて、市と懇談する会を開きました。市社保協は、介護・福祉系や女性、商工関係などの団体・法人や個人で構成され、岡山市の社会保障をよくしていこうと活動している団体です。

この日は、9月末に社保協が出していた要望書に対する市の回答を受けて、介護にかかわるさまざまな課題の改善や、子どもの医療費の無料化拡大などのテーマで意見交換が行われました。

 

日本共産党岡山市議団の河田正一・林潤市議が同席し、市民生活や事業所の経営の実態などを聞き取っていました。

お聞きした市民要求は、今月末から始まる岡山市議会11月定例会や委員会などで取り上げて、施策の前進を求めていきます。

6日、岡山市役所1階ロビーでDV(ドメスティックバイオレンス=親しい間柄からの暴力)を防止するためのパネル展とバザーが開かれました。

6日、岡山市役所1階ロビーでDV(ドメスティックバイオレンス=親しい間柄からの暴力)を防止するためのパネル展とバザーが開かれました。バザーの収益はDV防止・啓発に取り組むNPO団体の活動費にあてられます。

岡山では、DVや性暴力をなくそう、被害者に寄り添おうという取り組みが、NPOなどの市民団体と党派を超えた議員たちの活動で進められてきました。このパネル展&バザーもその一環として毎年開かれています。

バザーでは、生活用品や小物、アクセサリーなどの雑貨、パンやおこわなどおひるごはんの足しにできるものや、お米、乾物、柿などの食料品が所狭しと並べられていました。

http://DV防止サポートシステムをつなぐ会・岡山

選挙本番で使っているたすきは、友人のなおちゃんが作ってくれたものです。今日はなおちゃんが演説も聞きにきてくれました。

わざわざ一緒に布を買いに行ってくれて、好きな色で作ってくれました。

このたすきで残りの期間、頑張ります。

10日間、妻がたいへんお世話になります。岡山市議会の日本共産党6人目の議席として、池橋陽子を何としても議会へ押し上げていただきますよう、心からお願い申し上げます。 篠田壮志(夫)

岡山市議会議員補欠選挙が告示され、10日間の選挙戦がスタートしました。本日9時から旭東事務所前で行われた出陣式には、日本共産党大平よしのぶ・衆議院議員が駆け付けて激励しました。池橋陽子は第一声で、「憲法9条を守ろうの声を中区から」「国保料の引き下げを」「認可保育園を増やして待機児なくそう」と政策を訴え、選挙戦をたたかう決意を表明しました。 10日間、妻がたいへんお世話になります。岡山市議会の日本共産党6人目の議席として、池橋陽子を何としても議会へ押し上げていただきますよう、心からお願い申し上げます。     篠田壮志(夫)