今年もまた、待機児童増えるの?  #保育園に入れない #なぜ? #岡山市はどう考えてるの?  みんなで一緒に考えませんか?  10日、保育カフェに参加しませんか?

◆とき 2018年2月10日(土)15:30~17:00

◆ところ 岡山市立富山公民館 第2講座室(岡山市中区福泊246-1)

◆お菓子代 100円

◆主催・問い合わせ 日本共産党岡山市議団

(電話086-803-1707 ファックス086-234-9388 メールkyousantou_shigidan@city.okayama.jp)

定員と比べると、およそ1,700人もの子どもが一次選考で入園できないことになります。子どもの成長発達環境としても心配ですし、入園できなくて就労に影響する保護者の方のことを考えても、極めて深刻な問題です。

山陽新聞紙面より

岡山市は1月23日、4月に市内の認可保育園などへの入園を希望する子どもの人数(一次申込分)を発表しました。1/25頃からは一次選考の結果(入園できるかできないか)の通知が各家庭に届き始めます。

定員と比べると、およそ1,700人もの子どもが一次選考で入園できないことになります。子どもの成長発達環境としても心配ですし、入園できなくて就労に影響する保護者の方のことを考えても、極めて深刻な問題です。

 

岡山市はこの間、「全国ワースト2位」という現状をどうにかしようと、認可保育園などの拡充を進めてきましたが、保育ニーズの高まりに整備が追い付いていない現状を認めています。

 

この日の記者発表では、この1年間かけて受け皿を増やしてきた内訳も一緒に発表されました。市が今年度中に1,500人の受け皿整備を目指していたのに対し、現時点では1,100人程度となっており、市は「現在も、企業主導型保育の審査中が複数件あるので、まだ増える見込みはある」としています。

この企業主導型保育は、国が直接募集し、補助金も国が出します。入園希望も利用希望者と事業者で直接やり取りするため、岡山市は基本的に関与できません。大森市長は以前から、この企業主導型保育を受け皿確保のあてにする発言を繰り返しています。

 

また、最低基準は「保育士1/3以上」の無認可保育施設が「保育士1/2以上」に増やした場合に、市が「特任登録保育施設」として補助を増やし、そこに入園した子どもは待機児童のカウントから外すと発表しました。

 

市長は記者から「保育の質」について問われ、保育士1/2の企業主導型保育を国が認めているのだから、これも含めて質の担保は一定できているといった趣旨の発言をしました。

とんでもない話です。確かに岡山市の子どもがとてもたくさん保育園に入れずにいることは大問題で、その対応を今すぐしなければならないのは当然です。けれども、そのことと保育士100%の認可保育園より質を落としても構わないというのは全く別問題です。

 

市がその気になればできることは、まだあります。というより、受け皿拡大の方向を間違っています。

保育士として働いてくれる人を増やすために、処遇や労働環境の改善を直接支援すること

公立保育園・幼稚園つぶしの計画を撤回し、必要な園では一時保育や預かり保育を大幅拡充すること

など、保育の質を確保したうえで待機児童対策を進めるべきです。

 

更に気になっているのは、大森市長の姿勢です。2期目に入ってから、待機児童対策の重みについて、微妙に言い方が変わってきています。以前は「最重点課題の1つ」でしたが、23日の記者会見でも、対策はめどが立ちつつあるというニュアンスの発言がありました。この認識で、市の施策が大丈夫なのか、不安を感じています。

 

日本共産党岡山市議団は、2月議会でもこの問題を大きな論点の1つとして取り組みます。

皆さんのご意見やお考えをぜひお聞かせください。

中区後援会事務所もお正月を迎えます。 #ハンドシェイクの会 #岡山市中区

中区後援会事務所もお正月を迎えます。

ハンドシェイクの会のKさんから、手作りのリースが届きました。事務所の入り口に飾りました。

道ゆく人たちの憩いになればいいなとおもっています。

2017年、楽しいことも悔しいこともたくさんありました。2018年がみなさんにとっても私たちにとっても、喜び合える年であるために、力をあわせましょう。

#仁比そうへい参議院議員、#大平よしのぶ前衆議院議員が、師走の岡山駅前で訴えます。◆2017年12月26日(火)16:30~17:00 岡山駅東(マツキヨ前)

憲法、くらし、平和、日本共産党のこと・・・

仁比そうへい参議院議員、大平よしのぶ前衆議院議員が、師走の岡山駅前で訴えます。

日本共産党の街頭演説会にぜひお越しください。

◆2017年12月26日(火)16:30~17:00

◆岡山駅東(マツキヨ前)

◆問い合わせ 日本共産党岡山県委員会(電話086-271-1211)

日本共産党岡山市議団は、今回の議案の中で、補正予算と公民館条例一部改正の2議案に反対します。その反対理由を述べる討論を、東つよし議員が行います。

11月定例岡山市議会は21日に閉会日を迎えます。当局が提出した全54議案と、委員会で採択または不採択となった陳情について、それぞれ議員全員で可否を採決します。

日本共産党岡山市議団は、今回の議案の中で、補正予算と公民館条例一部改正の2議案に反対します。

その反対理由を述べる討論を、東つよし議員が行います。

また、委員会で不採択となった陳情のうち、日本政府に核兵器禁止条約への参加を求める陳情を採択するべきと考えています。その理由を述べる討論を、河田正一議員が行います。

本会議場での傍聴やインターネット中継などで、ぜひご覧ください。

日本共産党岡山市議団の代表質問は、7日(木)午後1時半ごろからの予定です。 #林じゅん市議が質問に立ちます。

岡山市議会2017年11月定例会では、各会派の代表が60分の持ち時間を使って「代表質問」を行います。日本共産党岡山市議団からは、林じゅん議員が質問に立ちます。

日時は12月7日(木)13:30ごろからです。(時間帯は前後する場合があります)

市民の要望を市政に届け、前進をめざします。

ぜひご覧ください。

 

議場で傍聴できるほか、インターネット生中継、ケーブルテレビONIビジョンでの録画放送(当日夜)でもご覧いただくことができます。

日本共産党岡山市議団は、12月7日(木)の午後に林じゅん議員が代表質問に立ちます。

岡山市議会2017年11月定例議会は、11/30~12/21の日程で開かれます。

今議会は、大森雅夫市長が再選されて最初の議会ということで、今後4年間の市政運営にあたってどういうことを大事にしてどういう方向を目指して進んでいくのか、その中で来年度予算やさまざまな計画をどう組み立てていくのかについて議論されます。

各会派が60分(市民ネットは40分)の持ち時間を使って会派代表質問を行うほか、個人質問も行われます。

 

来年度は、福祉分野をはじめとてもたくさんの計画が新たに作られたり、改定されたりします。

国民健康保険や介護保険は、すでに来年度からの値上げの方向性が示されています。

また、高齢者・障がい者・児童などを「地域共生」でつなぎ地域で支えるという新たな福祉の方向性を具体化していくための「地域共生社会福祉計画」や、障害者・障害児にかかわる計画の策・改定が進められています。

このほかにも、路面電車の駅前乗り入れ、吉備線LRT化問題を含め、各地域の交通問題にどう取り組んでいくのかを示す総合交通計画も策定をめざして作業が進んでいます。

これ以外にも重要課題がたくさん同時並行で進んでいる時期に開かれる定例議会です。これからの市民生活をどのようにしていくのか、その中で福祉の向上という自治体本来の役割をどう確実に果たしていくのか、議会の責任もとても重いものがあります。

 

日本共産党岡山市議団は、12月7日(木)の午後に林じゅん議員が代表質問に立ちます。また、竹永みつえ・河田正一・田中のぞみ・東つよし各議員は、市民の暮らしを守り支えるための各分野の施策の前進を目指して個人質問に立ちます。

ぜひ関心をお寄せください。

 

<2017年11月定例岡山市議会の主な日程(予定)>

11/28(火) 常任委員会(11月議会での議案の大要が判明)

11/30(木) 本会議(初日)(大森市長の議案提案理由説明、2016年度決算審査の報告と採決など)

12/6(水) 代表質問(自民、公明)

12/7(木) 代表質問(創政、共産)

12/8(金) 代表質問(市民ネット)、個人質問

12/11~14(月~木) 個人質問(続き)

12/18(月) 常任委員会(すべての議案と請願・陳情を委員会として採決)

12/21(木) 本会議(最終日)(すべての議案と請願・陳情を全議員で採決)

 

※請願・陳情の締め切り・・12/7(木)17時まで 議会事務局持参

※個人質問の日程確定・・12/5(火)夕方